FC2ブログ
123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-05-05 (Tue)
感覺得到,有些事情已經慢慢在改變了。

跟錢錢說的一樣,大學的友情,就要進入那個階段沒錯了。

苦惱于一些明明很留戀卻沒辦法說不要放棄的東西,

到底要多長時間才能完全適應呢?

不想就這樣而已,但是……

真的沒辦法了吧。

那些儘管知道不做會後悔的事,

現在竟然有點抱怨爲什麽要給自己希望了。

其實不應該這樣畢業的不是嗎?

又或許只有我太在意了。

或許是早已註定的也不一定。



一首「桜色の空の下で」,送給自己。



私の前髪に そっと伸ばした
あなたの指先が 摘んだ花びら

微笑みたいけれど 泣き顔になる
卒業式に舞う 思い出の栞

ずっと ずっと 忘れないわ

桜色の空の下を
私たちは 歩いて行こう
立ち止まらず 振り返らず
自分らしく それぞれの道
桜色の空の下を
前を向いて 信じて行こう
地平線の向こう側に
次の季節が巡り 夢が叶うまで

手も握らなかった 友達のまま
あなたから貰った 言葉は永遠

卒業アルバムを 開くその度
やさしい眼差しを きっと探すでしょう

それは 初めての恋でした

桜色の風のように
通り過ぎる 輝いた日々
枝が揺れて 花が散って
春は終わり 大人になろう
桜色の風のように
いつの日にか 思い出したい
胸の奥が きゅんとするよ
青春はいつだって 後で気づくもの

桜色の空の下を
私たちは 歩いて行こう
立ち止まらず 振り返らず
自分らしく それぞれの道
桜色の空の下を
前を向いて 信じて行こう
地平線の向こう側に
次の季節が巡り 夢が叶うまで

満開の夢が 咲く日まで

スポンサーサイト
| 直感 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。