FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-04-26 (Sun)
聽了早安的新歌,忽然想起另外一首也叫追夢人的曲子。



第一次聽這首追夢人是因為一篇小說。

無言又徹骨的痛,加上樂曲的渲染,讓讀者的我久久無法從感傷中抽離出來。

再聽幾次也是一樣,小說中的情節不斷在腦海中重現,孤單的音符像淚珠滴在琴鍵上,滴在琴弦上,憂傷得可怕。

早安的無可奈何追夢人,雖然是首再普通不過的流行樂,但那迷惘和悲傷,倒是和前作頗為相似。



夢也好,夢想也好,真的會讓人感到惶恐然後失去力氣嗎?

如果不是,又爲什麽這絞心的痛,熟悉的就像昨天剛發生一樣?
スポンサーサイト
| 直感 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。